倶楽部ロゴ

カメラ選び

良いカメラとは

まず、カメラや写真の薀蓄はそれらを述べた詳しいWEBページが沢山あるのでそちらを見ていただくほうがいいと思います。

ここでは倶楽部内でたまに「良いカメラが欲しい」という質問を受けることがありますので、それに答えて行きたいと思います。

そのうえで、質問をしてくる方にとっての「良いカメラ」とは一体なんでしょうか?
「良い写真が撮れるから?」
「きれいに写るから?」
「レンズが交換できるから?」
「高いものは良いものに見えるから?」

「良いカメラ=良い写真」は、いろいろな所で言い尽くされており、ほぼ答えは出ているのですが私も「ノー」という意見に賛成しております。
白黒写真や画質の荒い写真であっても「良い写真」はたくさんあります。また、特定のカメラで撮ったからといって「良い写真」ができるわけでもありません。 確かにデジタル一眼レフカメラ(以降デジイチ)は、大きく立派で、扱っている人はみんな上手そうに見えますけど、出来上がった写真が良いものばかりとは言えないのが実情だと思います。
逆にコンデジやスマホで撮っても良いものは数多くあります。「良い写真」を突き詰めると撮影者の「センス」の問題ということになります。

蛇足ながら最近のiphoneやgalaxyなどはコンデジと同じ撮像素子(画像センサ)を使っているので、スマホとコンデジの違いはある意味レンズのみになったともいえます。


綺麗な写真ってなにさ

では、「綺麗な写真」といった観点ではどうでしょう。
「綺麗」と感じるものは個々人の「感性」によって分かれてしまうため、どれが良いとは一概に言えないものがあります。ここでは、あえて言うなら色味と精緻さについて見て行きたいと思います?(詳しい人は透明感とか滑らかさとか色々言っているようですが、感性的なものを具体的に説明している人を見たことがありません。)

「色味」についての一般的な見解は、メーカーによって違いがあり日本のメジャー2社においては「肌色が綺麗にみえる」のはキャノン、「見たままの色に忠実」なのがニコンだといわれています。これも好みの問題です。

次に「精緻さ」を比較してみましょう。次の写真は下のほうに例示している写真の原画を使用し、車名ロゴ部分を拡大したものです。格段に違うことがわかります。ただし、画素数も異なるため厳密な比較ではありませんが、ロゴが同じ大きさに見えるようにしたものです。

説明しなくてもわかりますよね?左がコンデジ/スマホで、右がデジイチです。


レンズ交換でできること

レンズ交換でできる最大の特徴は、さまざまな焦点距離や特性をもったレンズを一台のカメラで使用できることだと思います。代表的なものである望遠と広角について見てみます。下の2つの写真はデジイチを使用して同じ位置のバイクを撮影したものですが、違いがわかりますか?


1つ目の写真は望遠で撮っています。特徴として遠くのもの大きく拡大して引き寄せたみたいに見えます。(圧縮効果)
もう一方は広角で撮ったもので、近くのものを大きく、遠くのものを小さく見せることで遠近感を引き出しているのです。タンクの上にある塔の大きさが違うのがわかりますか?
背景はもっとぼかす事もできるのですが、どこに行ったのかもわからなくなるため、どちらの写真もバイクを引き立たせる(浮き上がらせる)程度に、背景のボケを押さえています。どちらが好みでしょうか?

コンデジ/スマホにあるデジタルズームだとこのような違いは出ません。下の写真の一部を拡大し切り抜いた(トリミング)ものがデジタルズームです。なお、光学ズーム搭載と謳っているものでも、綺麗なボケ味の調整には手間がかかります。(搭載している画像センサが大きいほうがよりぼけ易いです)


コンデジ(スマホ)の場合

今度は同じものをスマホでとった場合はどうなるか試してみました。

近場から遠景までどこまでもピントがあっている、よく見る写真ですよね?
これは、一部の高級機を除いたコンデジ/スマホは「誰でも」、「手軽に」、「上手に」撮れることを目的に作られているからです。記念写真的要素が強いのかもしれません。集合写真とかで端っこの人や後ろの人にピントがあっていなかったりしたら悲惨ですよね?!このように広く全体的にピントがあう状態(パンフォーカス)が記念撮影には必要なのです。


デジイチとコンデジ/スマホの使い分け

では、デジイチで記念写真的なものを簡単に撮ることはできないのでしょうか?
答えはノーです。しかもコンデジ/スマホ並みに簡単に取ることができ、かつ上記のような精緻な写真を撮ることができます。オートモードやプログラムモードといったものが、それにあたります。

じゃあ「なんでみんなデジイチを持たないの?」と、考えますよね。
バイク乗りにおけるデジイチには看過できない大きなデメリットがあるからです。それはデジイチの筐体がデカくて重い精密機器であることです。運搬の際の振動や衝撃を抑えるため、緩衝材などで荷物はカメラの数倍の大きさになり、カメラの取出しにも時間を要します。また、撮影目的なら一脚や三脚、交換レンズなどの機材も持ち運ぶこととなり荷物が増えます。さらに、マスツーリングなどの団体行動では一々撮影の準備をしている時間が取れない場合も多く、前述の梱包は大きなデメリットとなります。

一方、デジイチのデメリットがそのままコンデジ/スマホのメリットとなります。さっと出して、さっと撮る。そんなシュチュエーションにはコンデジ/スマホが適していると思います。

他方、記念写真でもいいし簡単に使えるならコンデジ/スマホで問題ないという方でも、これだけは認識していたほうが良いコンデジ/スマホの決定的なデメリットがあります。コンデジ/スマホは動体撮影に滅法弱いということです。バイクの走行写真などを撮ろうと考えている方は、迷わずデジイチにしてください。よっぽどの熟練者や、その機種に精通した人でない限り、まずシャッターチャンスを逃します。カタログなどに動体撮影のサンプル写真が載っていると思いますが、プロが何時間も準備して苦労して取ったものです。これはコンデジ/スマホの構造上どうにもできないことです。自分たちはプロカメラマンではないので、あきらめてください。


そのうえで、「記念写真でも精緻な写真が欲しい!」、「自分のバイクの写真を他の方にも見てもらいたい!」、「バイク以外にも撮りたいものがある!」、「写真も趣味にしていきたい」そんな「目的」を持っている方にはデジイチを勧めております。
普通の記念写真でよいならデジイチを持つ必要性は限りなく低いです。


どんな機種を選べばいいの?

キャノンまたはニコンを選んでおけば間違いはありません。他のメーカーもあるけど、レンズの種類が少ないので、後で物足りなくなってくることがあります。あとは量販店などで実物を触って、自分が使いやすいと思ったものを選ぶのが一番です。ミラーレスを薦めないのも交換レンズが少ないからです。

よく入門機を薦める方がいますが、「写真を趣味にしたいと思う方に入門機はないんじゃないかな」と考えております。確かに入門機って価格も安くてとっつきやすいけど、1年後(もっと早いかも)を考えたら、もう初心者ではないので物足りなさを感じて「やっぱりワンランク上の機種が欲しい」と、考えるようになると思います。カメラ屋の店員さんは次も買ってもらうのが目的なので、入門機を薦めてくるのが普通です。でも、そうすると1台目+2台目の費用+レンズとなりトータルでは高い買い物となりますよね。だったら多少の予算オーバーには目を瞑り、最初からワンランク上のものを買ったほうが、「所有欲」も満たされ「満足度」も高く「長く使える」ものとなるのではないかと思います。